0
昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

カフスボタン タイピン ピンブローチ

昭和の小箪笥

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリーです。

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

しずくピアス

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

ねこブローチ

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

ねこブローチとイアリング

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

タイピン

昭和三十年代の国産生地で作ったハンドメイドアクセサリー

昭和レトロアクセサリーいろいろ。 全部で64種類あります。

元々は、衣服だったもの。

東京 田園調布のご令嬢が当時着ていたものです。
それに一点一点丁寧に手をかけて、アクセサリィとして蘇らせました。

昭和三十年代は和服から洋服への移り変わりの時代。
だから、どことなく着物を連想させる生地の柄であったり、今のように生産性を重視せず、クウォリティを求めて、洋服のために生地を作っていました。
生地に日本の洋服の歴史原点があるのです。
柄の位置によって、表情が変わります。

柄6種類 全64種類

新商品、​順次追加していきます。

​お洋服がご覧になりたい方は公式サイトをご覧ください。